リアルな出産・・・陣痛の想像以上の痛み

2016-08-03_152652

2006年9月24日、我が家の第一子である息子が産まれました。それはそれは、壮絶な出産で・・・もう二人目はいらない、と思うほどでした。

陣痛かな?と思い始めたのが前日の夜中。その頃は、シクシクとちょっと違和感がある程度だったのですが・・・朝方からは、確実に波のあるおなかの痛みがやってくるようになりました。それでも、午前中は耐えていたのですが、午後になり病院からも来院するように指示がでたため入院の支度をしてタクシーで病院へ。

到着しすぐさま内診をしてもらうと、子宮口は3cm開いていました。助産師さんからも、「今日の夜には赤ちゃんに会えるかなー」という心強い言葉をいただきました。今日の夜には、今日の夜には、その言葉を励みに押し寄せる陣痛になんとか耐えます。がっ、陣痛というものは想像以上の痛みでした。

本やネット情報によると、生理痛がひどくなったような痛み、おなかを壊してでもトイレにいけなくて耐えるような痛み、などと聞いていたのですが、私の陣痛は全然違いました。体内に工事現場ができたような痛み。特に腰の骨!腰の骨をドリルでバリバリ開けてるような痛みだったのです。

陣痛が押し寄せてくると両足がバタバタと自然に痙攣して止まらなくなり、何度も助産師さんに自然分娩をやめたいと叫びました。何よりもつらかったのはゴールがまったくみえなかったことです。来院した当初、夜にはあかちゃんに会えるといわれたのに、その夜。子宮口は3cmからほとんど進んでなくて。出産にはほど遠い状況。ゴールが見えなくなったことで私の気力は失われてしまいました。

今振り返れば、気力を失ったのが余計に出産を遠ざけたのではないかと思うのですが、そんなことはあとから思うこと。当時は気力を失いながらひたすら陣痛に耐えました。

ようやく産声が聞こえたのは次の日のお昼の14時でした。元気な産声のあかちゃんが私のおなかに乗せられたとき、もう、疲れた、、、これしか言葉がでず。感動の対面がなかったのです。

ドラマであるような感動の出産だけではないという、リアルな出産の声です。ですが、そんな私も2人目を産みました。産んだら痛さを忘れる、これは本当のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です